妖怪 雨降らし




どこにでもへばりつく猫毛にも負けず
あり得ない所にまで散らばる猫砂にも負けず
もとより埃なんぞなど気にも留めない


そんな人間に ワタシは



  とうの昔からなっとる!(≧▽≦)



はい!かーさんは大雑把が贅肉をまとい、ズボラが息をしているような人間です!(キッパリ!)



スタイリッシュなインテリアとは程遠い、出来れば何も置かない部屋でありながら、座ったままで必要なモノには手が届いて欲しいと言う相反する願望を抱く人間です。
コマメに掃除するのは、本当は嫌い!(笑)
何事もテケトーが一番!
だから、モノは増やさぬ!置かぬ!動かさぬ!(笑)


そんな素敵なポリシーの持ち主ですが、猫様と暮らすとなかなか貫き通すのは難しい。。。
テケトーにでも毎日掃除機をかけねば、あっと言う間に酷い有様になりますもんね( ̄▽ ̄;)
これも猫飼いの修行と己に言い聞かせ、取り敢えずかーさん的には生きてきた中では一番マメに掃除する様にはなりました。


と、言っても、そこはそれ!かーさんですから…(笑)
「掃除機は毎日かけます!」
。。。。。のみ(笑)


細かい所は、「あぁーー!見えません!気付きません!」でスルー。
このスルー検定があれば、即一級取得できる自信があります!





3月13日1
小夏様は掃除機が大嫌い(笑)





明日、定期検査の為の通院がある為、今日は素敵な「有給💛」を頂いたかーさん(笑)
時間はあるし、滅多にならない「その気」にもなったし…
と、ちょこっとマメな掃除なんぞをしてみる気になりました。



折角頂いたスチームクリーナーも、なかなか出番もなかったし…ってな事で引っ張り出し!


。。。実はこの時点で、かーさんはすっかり「掃除した気」になってる。。。


あそこと…こっちと…そうそう!あっちもやろう!
脳内の段取りはバッチリです(≧▽≦)
まずは、やっぱりキッチンよね♪
と、鼻歌混じりにスチーム噴射💛



  キャーー!凄い!綺麗になるぅーーー!(≧▽≦)
  いや~ん!楽チン!


ガス台から始まって、換気扇周り(換気扇本体はとーさん担当だからやらない 笑)
シンク周りをガタガタ動かして、細かい部分まで「スチーム行きまぁーーす!」
あ!壁も汚いぞ!
ん?戸棚もバッチイな。。。


。。。ふと気付くと、これで既に2時間。。。(--;



疲れた…もう疲れた…かなり疲れた…
疲れたよ…パトラッシュ…
ん、かーさん頑張ったぢゃんね!
これ以上頑張ったら、明日の検査に差しさわりが出るに違いない!
(んな訳あるかい!)


さ♪一服!一服♪


   その後、一服が終わる事はついぞ無い





3月13日2
八朔君渾身のツッコミ!




あらまぁ…雨が降ってきたじゃん……


やぁ~ね!これじゃぁ続きなんてやってられないわさっ!
(因果関係不明)
まぁ、続きは、「また今度よね♪」



すみません。。。お仕事帰りにもしかしたら雨に降られた方。
きっとその原因は、かーさんです(笑)




3月13日3










49×39



今日、3月9日は「サンキュー」の日だそうです。
と、同時に我が家では「小夏との出会い」の日でもあります。



2013年3月9日
何時もなら横を通り過ぎるだけだった、とある神社に、どうしてもお願いしたい事があって足を踏み入れた先に小夏は「居ました」
優しい方に棒っきれで遊んでもらい、無邪気に走り回るその姿は、今よりも幼く…でもやっぱり八朔に瓜二つの…それは可愛い茶トラレディー。
何気なく話しかけたその優しい方との会話の中で、徐々に明らかになっていく不思議な縁は、今をもってしても肌が粟立ちます。


「とーさん!この子八朔の兄妹だよ!」


思わずギュッと掴んだとーさんの腕に掴まりながら、心臓が今にも爆発してしまうんじゃないかと思ったあの日。
それからの怒涛の半月は、今思っても何かに突き動かされたとしか言いようがありません。
自慢じゃないですが、今あの当時と同じことをやれ!と言われたら、絶対に泣きます!出来ません( ̄▽ ̄;)


体力的、時間的、精神的
どれを取っても、「あの時期」だからこそ何とか出来た事です。




3月9日1





3月9日2
再掲です



3月9日3





3月9日4





「その時」と言うのは、何時だって突然です。
突然なのに、必然でもあります。
あらゆる偶然が折り重なって導かれる、その時でなければ成し得ないモノだと思います。



真夏の暑い暑い夜に、まず先に八朔に巡り合い…
ド初心者のかーさんが、どっぷりと猫の魅力にはまりきり…
その7か月後、春まだ浅い夕暮れに小夏に巡り合った。。。


知らないなら知る努力を!
解らないなら解る様に学べ!


まず言い訳からするな!
出来ない事を数えるより、出来る事をまず動き出せ!


待ったなしの命がそこにある。

かーさんが猫達に教わってきた事柄です。
そして、それは今も継続して学び中でもあります。



かーさんのPCには、「八朔まみれ」のフォルダーがあります。
その中には、これまで綴って来た毎日の記録が、月毎に分けられてズラッと並んでいるのです。
そのフォルダーの数は、我が家が猫に魅せられまみれてきた記録です。


総数にして56。
そして、そのフォルダーに小夏が登場してからの数49。


サンキューの日に巡り合った小夏への、有難うの49です。


でも、それはまだまだ序章。
この先もずっとずっと続いて行く、沢山のサンキューへの道半ば。
生まれてきてくれた事。
巡り会ってくれた事。
共に過ごしてくれる事。

。。。これ程までに愛させてくれた事。。。



忘れてはならない、ずっと見守って下さっている皆様へのサンキューも勿論!
改めて深謝m(__)m




3月9日5








カワイタタ




さて、今日も頑張るぞ!


と、かーさん号(自転車 笑)に颯爽と跨り、グッとペダルを踏み込んでいつもの角を曲がると
広がった視界の、う~んと先に見事な古木の梅の木が、満開の花を重たそうにつけていました。
まるで、枝の先に雲海がまとわりついた様な、花の重なりが少し重たそうにすら見えます。


心なしか梅の香しい匂いすら漂って来るような…


いやいや!流石にここまでは香ってはこんだろ!
と、思いつつも、やっぱり何となく空気が華やいでいる様な気がして、早春の使者の存在感に頬が緩みます。


そう言えば…「今日は寒いね」と言ってはいても、その言葉の意味が違って来ました。
思わず首をすくめて身を縮める様な寒さではもう無い。
風にも日差しにも、間違いなく近付いている春の気配が一杯です。
かーさんのコートも、一番ブ厚いモノから、もう少し薄手で、でもまだ春用ではないコートに替わりました♪


関東地方かーさんち界隈 もうすぐきっと春です!(*'ω'*)





3月7日1





確かに春めいて来たとは言え、夜にもなればまだまだ冷え込む。
冬中、かーさんが体の一部にしていた(?)コタツは、まだまだまだまだ手放せません(笑)


そんな「コタツムリ」かーさんの上には、やっぱり未だに猫様が居る!
居ない時が絶対無い!と言いきれる程居る!
もう、そうで無ければならない!と思っているらしい程居る!


ドスッと我が物顔で乗ってくるのは八朔。
何時の間にか自然に乗っているのは小夏。
滅多にないですが、時には兄妹揃って乗る( ̄▽ ̄;)


。。。計10キロ。。。(T_T)



イメージとしては、乗って頂いている膝が、重みで反対側にそっくり返るんじゃなかろうかと思える様な、じっとりな重量です。
それでなくても、寄る年波と昔の傷でアイタタな膝。
もし、膝が自分で喋れたら、きっとこう言うに違いありません。


警報発令!警報発令!
敵は総攻撃を仕掛けてきました!






3月7日2






もうすぐ小夏を見つけた「あの日」から4年目になります。
一緒に過ごしてきた日々は、小夏をこんなにも「ドヤ顔」のお膝猫にしてくれました。


甘えっぷりだって、八朔に負けず劣らず。
毎日「アタシ!アタシ!アタシに構いなさい!」


なるべくして我が家の姫になってくれたんだな……


こんな様子の小夏を見ていると、やっぱりそう思います。
ちょっとだけ回り道をして、沢山の方々の優しさに包まれて、その上でやって来てくれたんだな…って。


ずっしり重たくなった体は、そんな小夏の過ごして来た日々の積み重ね。
遠慮なく主張して甘えるのも、小夏がその日々を認めてくれたからこそ。
そう思えば、尚更に重みが愛しいです。


イテテの足はキツイですが(笑)
それもこれも


可愛い痛いのカワイタタ(笑)



毎日ご使用の炬燵布団を、ベランダでばさ~っと広げると、そろそろ茶色い毛がフワフワ増えてきました。
。。。お着換えの季節だね。。。
また一緒に、新しい季節を迎えようね♪



…それにしても…
かーさんのお肉も春仕様でスッキリと(何もせずに)落ちてくれればいいのになぁ…(/・ω・)/ポイ!




3月7日3








対(つい)の物語

吊るし雛



 お内裏様とお雛様 二人揃ってすまし顔



桃の節句に聞こえてくる「うれしい雛祭り」の一節です。
我が家の「顔が命」の茶トラーズも、ここ数年とーさんの手によって、様々なお雛様に扮して参りました。
あくまでも、画像の中だけで(笑)


ちっとも華やかでも雅でもない茶トラーズですが、そこは馬子にも衣裳!
それなりに可愛いお雛様になってくれたと、親馬鹿モードです。


こうして並べてみますと、お雛様に限らず「対」で絵になるモノと言うのは多いですね。
勿論、一体でも綺麗なのですが、それだけだと何故か少し寂し気に見えてしまいます。
「二人揃って」初めてすまし顔です。


我が家も、不思議な不思議なご縁に導かれ、対(つい)の兄妹になれました。
八朔と巡り会った時には、それこそ「ついぞ思わぬ」状態です。
そしてそれが今では当たり前。
むしろ、単体のイメージがどうしても湧かない程になりました(笑)


でも、この「対」と言うヤツ、なかなかどうして深いです。
対になる為には、まず「個」であらねばならない。



かーさんは、おそらく一人でも何処ででも生きて行けるヤツです(笑)
ガサツが服を着ていて、愚鈍が歩いている様な人間ですから(^^;
あまり細かい事に拘らず(気が付かないとも言う!) 個人行動が平気で、尚且つ人見知りが苦手で誰とでも話せると言う特技も持っております。
云わば「愚者の強さ」の体現者?(笑)


とーさんは、おそらくもっと一人で生きて行けるタイプです!
むしろ他との関わりは出来るだけ避けたい人(笑)
そして、生き方が不器用なのに何故かやる事は器用。
家事全般は何でもそつなくこなしますので、生活に不自由はないはずです。


要は、「田舎のガサツなオバサン」と「都会の孤独なオッサン」が、対になった訳です(笑)


何もかもが正反対に思える二人が対で居る為に必要不可欠な事。
それは 「それも有りじゃない?」の考え方だったと思います。


違っていい。
違って当たり前。
むしろ違いが面白い!



なんでこうできないの?と憤慨するより、へぇ~そうくるかぁ~♪の方が楽チンです(笑)
どっちが正しいとか、どちらが上とか、そんなのはど~~でもええ。
一緒に居る事が二人にとって一番いいなら、それに越した事はないですもんね♪


とーさん!アンタ変だけどおもろいわ(≧▽≦)



日々、見事な猫団子姿を披露してくれる茶トラーズも、きっと似たり寄ったり…なはず。
甘ったれボーイのガサツ八朔は、その実とても優しくて我慢強い。
しっかり者でちゃっかりガール小夏は、本当は寂しがり屋でくっ付き虫。
そんな兄妹は、ワチャモチャしつつも、互いを認め合って一緒に居る事を楽しんでいる様に見受けられます。



八朔と言う「個」が有り、小夏と言う「個」が有る。
その上で、個同志が互いを認め、横に居る事を許し合う。
茶トラーズと言う「対」は、こうして出来上がりました。


種別を超えた対、と言う意味では、かーさん達も茶トラーズに許された「相方」です。
不満も一杯あるでしょうが、どこかで「しゃぁ~ないなぁ~」と許してもらってる(笑)


雛飾りで言えば、八朔と小夏は間違いなくお内裏様とお雛様でOK!
でも、とーさんとかーさんは…と言うと……
どうにもこうにもオッサン化が進むかーさんは、官女にはなれず…( ̄▽ ̄;)
いいとこ、とーさんとの対で、右近と左近を仰せつかりましょうか(笑)


ほら!見様によっては、とっても素敵な雛飾りじゃありません?(笑)








我が家の早春賦



今日から三月。
吹き過ぎる風の中にも、ほんの少し春の揺らめきを感じる様にもなりましたね。
寒さと温さが行ったり来たり。
そして、違うことなく春はやっぱりやって来ます。


我が家のとーさん、鼻風邪ひいてピーグジュピーグヒュ。
かーさんは、毎年の恒例でこの時期はとっても肌の調子が悪し!"(-""-)"
温かさを増して来た日差しに、茶トラーズだけがゆったりまったりと横に伸びて見張り台に寝転がる様になりました。


三者三様、我が家の春もやっぱりちゃんと来つつある様です(笑)



  弥生三月 吹き来る風は寒くとも
        日差しに伸びる猫が春知る





3月1日1





足腰の弱体を自覚しつつあるかーさん。
毎晩、眠る前にベッドに腰かけては簡単なストレッチなどをするのが日課になっております。


あちこち伸ばしたり曲げたり、イテテのちょい手前の「イタ気持ち良い」が目安(笑)


時間にして、ほんの15分程ですが、これをやるとやらないでは翌日の動きに差が出ます(^^;
まぁ、継続は力なり!ですわな。


んでもって、こんな時にもやっぱりやって来るのが「猫のお手伝い隊」!

足首を回していれば、その足首にわざわざ伸びあがってまでスリスリ。
膝を屈伸していれば、何故か太腿に乗って「猫加重」
上体を捻っていれば、その腕にしがみつく( ̄▽ ̄;)


しかも、八朔、小夏の兄妹力を合わせてのお手伝いです(T_T)



かーさんも慣れたもので、大抵はスルーでそのまま動きを止めませんが…
時々とんでもない事をしてくれたりするもんで、ついつい噴出してしまう事もままあります。


毎回、小夏が右側に陣取り、その反対には八朔がスタンバイ。
真ん中に腰かけたかーさんが、上体を横倒しすると、交互にその伸ばした手にスリスリ攻撃が加わります。
時には、そのまま戻そうとした腕に八朔がぶら下がる事も。。。。"(-""-)"


どうやら、かーさんのストレッチの時間は、茶トラーズにとっては「お遊び」の時間らしいです。
すんげぇ~~迷惑で、とっても楽しい時間…か?(笑)





3月1日2





そんなこんな時間を過ごして、さぁ~寝るぞーー!になると…
この時期は、待ってました!の茶トラっ子達。
かーさんの両側に、「猫たんぽ」です。


そんな中、昨夜の八朔は、どうも「甘えたいモード」のスイッチが入ったらしい。


元々かーさんってば、上を向いたままでは眠れないヤツなのですが、この時期はそうも言ってはいられない。
両側の腕にすっぽりと八朔と小夏を抱いて寝る訳ですから、どうしようもありません。
いつもなら、その両側からゴロゴロの合唱を聞きながら、何とか眠りにつくのですが…


昨夜の八朔は、どうしてもかーさんに「こっちを向いて!」と、腕を伸ばしてはチョイチョイと引っ張るのです。
仕方がないので、小夏に「ごめんね」して、小夏側の腕を抜いて、八朔に向き合いました。
すると、左腕の二の腕を枕にしたまま、反対側の手でも撫でろとご所望。


「はいはい…この甘えっ子さん♪」


撫でているかーさんの右手を、八朔はギュッと抱え込みます。
抱え込んで、べちょべちょになるまで舐めてくれた上に、とーーっても甘い噛み噛み…
。。。全くどうしようもないヤツです。。。( *´艸`)



背中側の小夏も、これでもか!ってくらいにピッタリと寄り添って寝息を立てています。。。
抱え込んだ右手をそのまま放さず、八朔も寝息を立て始めました。。。



あぁーー!もぉーーー!
何だよぉーー!お前たちーー!



猫の湯たんぽってのは、体だけじゃなくて、心までポカポカにするのか?
ポカポカを通り越して、何だかどうしていいか解らない様な…暴れ出したくなる様な…
。。。でも、起こしちゃならぬ。。。うむむむ。。。


悶絶寸前の夜、二匹の毛玉が織りなす我が家の早春賦でした。





3月1日3









プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
02 ≪│2017/03│≫ 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: