ジレンマ




  ワタシに 何が出来るのだろう



この処、立て続けにそう考え込む事がありました。
どう伝えれば一番いいのだろうか…
どうすれば出来るだけ良い方向に向かえるのか…


「仔猫が居る」


一件は、「どこそこに居た」と言うお話し。
つまりは、もし猫好きなら、そこへ出向いて何とかする?
と言う事らしいです。


いやいや…そりゃ無理っす。



もう一件は、ご自宅の庭に迷い込んで来た仔猫が居るけど、どうしたらいい?との事。


子供達に追いかけられて逃げ込んで来た仔猫だそうです。
怖がって逃げ隠れしながらも、餌を置いておくと食べているとの事。


どちらもかーさんが立派な猫バカである事はご存知です。
だからこそお話しを聞かせて下さったのだろうとも思います。
出来れば、かーさん経由でどこかに縁付いて、幸せに暮らせたらいい…と思われたのも無理もない事です。



でも、かーさんに出来る事って…なんだろう


その仔猫をどうしたいか…それがまず一番知りたい事でもあります。
まずは、もし譲渡会などに参加させたいとすると、その前には避けて通れない事をご説明しました。


 捕獲して保護した上で病院へ連れて行き検査を受ける事。
 少なくともお腹に飼っているであろう虫さんを駆除する事と、ノミ取り。
 もし、既往症があれば他の猫さんと一緒には出来ない場合がある事。
 ワクチンの接種も必要になるだろう事。
 その上で、月齢などによっては去勢避妊手術も…
 (これは自治体の補助なども使えるかもしれませんので調べてみます)


それをクリアーして後、各保護団体さんを通じて譲渡会に参加させる事は可能な事などなど。
その場合は、かーさんも及ばずながら何らかの形でご協力は惜しまない事もお話ししました。


  「それって自腹で?」

…ですよねぇ…やっぱりそう聞かれますよね…



誓って申し上げます!
今回のお話しして下さったお二方は、どちらもとても良い方です!
常識人であり、優しくもあり、責任感だって立派な方です。
知らんぷりすれば出来ない訳ではないのに。。。


それでも、自分の家で飼う訳でもない仔猫に、いきなり決して安くはない医療費と手間をかける事に即断は難しいと思います。
だからこそ、「何とかならない?」だったのでしょう。
我が家でもう一匹…もしくは、誰かお知り合いは居ない?
のおつもりだったのだろうと思うのです。


TDSC04449.jpg



きっとふた昔ほど前であれば、


「猫が居るんだけど誰か貰ってくれない?」
「ああ、いいよぉ~♪」


と言う会話が、普通に成り立っていたと思います。
もしかしたら、今だって或はそんな事があるのかもしれません。


でも、少なくともかーさんは知ってしまいました。
「猫」と言う生き物を、「命」を譲渡する事の意味を。
もしも、かーさんが関わるのであれば、その前にはしておかなければならない事がある事も。




賃貸であり、猫二匹が契約上の約束である我が家に、新しい猫さんを迎える事は、どう考えても難しい。。。
その前に、仔猫を隔離できる部屋すらない有様では、茶トラーズの事を考えても無理です。
それならば…費用の負担…?
出来なくはない。。。ないけど、それでいいのか?
この先、同じような事がある度に、ずっとそれを続けられるのか?



八朔が、小夏が可愛くて仕方がありません。
この子達の為なら、どんな苦労も惜しまない。
その茶トラーズを通じて、猫と言う生き物の素晴らしさも愛しさも、健気さや儚さも知りました。
猫が大好きです!


でも、かーさんは偽善者なのかもしれません…


受けた相談に、すぐさま動き出す事を躊躇してしまいます。
アドバイスはいくらでもできますが、かーさん主体で…と言われると、それは…と。
全ての猫の命に責任が持てるのか…と聞かれたら、うなだれるしかありません。
出来る事は何だろうと自問自答しながら、モヤモヤを抱え込んでいます。



TDSC04440.jpg



すみません…今日は愚痴更新です。
もう少し色々考えてみようと思います。

秋の入り口に




ただただ寝ているだけ。
特別な事でも、珍しい事でもなく…


体に沿わして回した腕に、スッポリとはまり込んで、目一杯に頭を擦り付けて
ただただ幸せそうな顔をして寝てるだけ。
時々ピクリと手足が動いたり、瞼がヒクヒクと痙攣するのは、熟睡している証。


あんまり幸せそうに見えるのでちょっと悪戯したくなる…


目と目の間、眉間を指で撫でてみると、僅かに瞼が動く。
それでも寝ているから、益々何かしたくなって、むにゅっとマズルを掴んだり…
さすがに目覚めたらしい八朔が、細く目を開いて


  「何?なんだ…かーさんかぁ…」



って顔をして、一つ大あくび。



ちょっとだけ体勢を入れ替えて、また何事も無かったようにスヤスヤ。。。
何時もの、本当に毎日繰り返される一コマです。



かーさんの膝やお腹を 「ボクの定位置」と決めているらしい八朔。
気が付くと座るや否や、もう来ています(^-^;





9月8日1






宵っ張りかーさんが、流石にそろそろ寝るか…と思うと
「思っているだけ」なのに、何故か小夏がやって来る。
まだ思っただけでピクリとも動いてないのに、何故だか間違いなく来る!



「そろそろ?さぁ行くわよ」


と、言いたげに可愛い声で一鳴きすると、案内猫化してかーさんを先導してくれます。


真っ先にベッドに飛び乗り、かーさんがアラームセットなどをしている間、全身をスリスリしつつ催促に勤しむ小夏様。
嬉しそうに頭をゴッチンさせながらも、すかさず「場所取り」(笑)


その後、おっとり刀でやってきて腹乗りする八朔と共に、暫しは最近恒例の「トントン」タイム。


寒がりで潜り好きな小夏の寝場所は、トントンを堪能した後のかーさんの懐です。
当然の様に右腕を枕にして、可愛いコロコロを聞かせてくれるのです。


以前は、それでもまだ少し遠慮がちに重みを預けて来た小夏も、今やすっかり
「ココはアタシの場所」
とばかりに、上手に全身の重みを預けて来ます。


小夏の重みを感じる度に、信頼と重みは正比例するのかもしれないな…
なんて思ったり致します。




9月8日2





「もしも」なんて、どんな時にも意味は無いですし、なるべくしてなったのも理解しています。
全ての偶然は必然。
後で思い返せば、「そうでしかなかった」


それでも、どうしても時折
「もしもあの時」と思ってしまう事って誰にでもありますよね?


道端のでっかいダンボールに「拾って下さい」と書かれていて、しょうがないなぁ~と思って拾ったとーさん(笑)
気紛れに曲がった散歩道の先に待ち構えていてくれた甘えっ子な仔猫八朔。
導かれたように足を踏み入れたお社で待っていてくれた小夏。


今かーさんの暮らしに欠かせない愛しいモノは、全て必然が偶然を装っていた。。。


もしもあの時、違う決断をしていたら…
そう考えると空恐ろしい気すら致します。


うざったい程密着してくる茶色い毛玉達の、それぞれの手触り。
時々越境侵入してきては、かーさんにゲシッ!と蹴飛ばされる、暴れん坊寝相のとーさん。
寝場所が狭い!!!
と、溜息をつきながらも、その愛しい温もりが何よりもの癒しです。



一気に深まる気配の秋の入り口…
この基礎体温の高めな奴等(含むとーさん!)と、寝場所の確保に勤しむことが続きそうです。





9月8日3


5年目の目覚め 餅つき歌



いきなり秋の気配の漂う長月の始まりです。


記録的な日照時間の短さを記録した、夏らしくない夏の8月だったかーさんち地方。
明けて今日から9月ですが…


  涼しいです( ̄▽ ̄;)


エアコン不要です!
と言うか、夜は窓を開けていると肌寒いです!
しかも、虫の声が聞こえます!
。。。も、もうですか?( ̄▽ ̄;)
そう言えば、今年は蝉の声があんまり聞こえなかった様な気も……



過ごし易いのは有難いのですが、こうも天候不順ですと買い物に行って野菜棚を見るのが怖いです!
大好物の果物達の棚も、ついでに怖いです(T_T)



我が家的なお話しですと、茶トラーズのくっ付き具合が既に激しくなりつつあります(笑)
特に、趣味と実益が合体している八朔は、少しの時間でもあれば決まってかーさんの「上」!
小夏姫も、隙あらば密着して参ります。
でもって、それでも暑苦しくはないのが、この変な気候の変たる所以かもしれません。


当然の如く、今この瞬間もかーさんの膝の上には八朔がおります。
あり得ない程の「あほら~」な顔をして(口元にはヨダレ! 笑)幸せそうに寝てます(笑)
時々もしかしたら八朔はかーさんの膝から生えてる?
とすら思います(笑)
(そうだったらいいのになぁ~とチョットおもふ 笑)




9月1日1





そんな「不動の主」八朔が、新たなおねだりを覚えました。
今更感がビシビシなのですが…
何と八朔 齢5歳にして


  腰ポン!の快感に目覚めた模様!



今迄は専ら小夏様の専売特許だったこの腰ポン。
ある日突然、八朔までもが「あれ?これ…結構いいじゃん!」と(笑)



しかも、その体制たるや、仰向けに寝たかーさんの腹の上( ̄▽ ̄;)
躊躇なくオケチュを向けて、デン!と座り込んで


「さぁ!かーさんボクをポンポンするです!」


…かーさん目の前に迫る八朔のオケチュと、横でスタンバイする小夏様の双方をポンポンする羽目になりました…



面倒なのが、その好みの強さ。
小夏様はあくまでも優しく「テンテンテンテン♪」
八朔は、そんなんじゃ効きません!とばかりに強めの「バシバシ!」
だもんで、かーさんは左右の手の強さを考えつつ、寝る前の時間を茶トラーズの腰ポン奉仕をする事とあいなりました( ̄▽ ̄;)



でね。。。でね。。。
少し手が疲れたとするじゃないですか?
かーさんだって眠たくもなるしさ~


そんな時、小夏は 「ん~まぁいいわ…」と毛繕いなどを始めて大人しくしててくれるんです!
良い子です!!
でもでも、八朔はと言うと


「ん”---!」


と文句を言いつつ、かーさんの頬を尻尾でピシピシするんです!(ノД`)・゜・。
往復ビンタです!しつこいんです!!



かーさん「右の頬を打たれたら左頬も差し出す」ほど人間出来てはおりませんからぁー!





9月1日2





夜な夜な繰り返されるご奉仕タイム。。。
昨夜など、かーさんの脳内では、手の動きに合わせてエンドレスでBGMが流れ続けました。


「トントン トントン ヒノノニトン」


続けて、かーさん作詞で 


「これが臼なら立派な餅じゃ!」「アンコにしよかキナコにしよか」
「ええい!まとめて鏡餅ーーー!」



。。。すみません。。。ちょっと壊れてました。。。(T_T)





9月1日3





先日の遅ればせの5周年のお祝いの沢山のお言葉有難うございましたm(__)m
これからもボチボチ頑張りまっす!(≧▽≦)




遅ればせながら




えっとですね。。。
えっとぉ……



  うっかりしておりました!


思いっきり失念しておりました!



何の事かと申しますと、実は…実は…実は…
先日の8月22日は  


「八朔まみれ」と言うブログの5周年でございました( ̄▽ ̄;)



あれ?何かあった気がしたのに、何だっけ?
と、アホ丸出しでその日をスルーしてしまったと言う、素敵なボケ加減。
気付けば、記念日を3日も過ぎていたと言う…何とも「つける薬」のない状態でございます。



八朔と言う、茶トラの仔猫を連れ帰ってから怒涛の2週間を過ごし、その中で「この子の今」を残したい!
と願って始めたブログです。
何もかもが初めての日々。
何もかもが新鮮で驚きの日々。
ド初心者猫飼いかーさんと、小さな茶トラの男の子が、互いに手探りで重ねた、今思っても掛け替えのない宝物の様な日々でした。



遊んで遊んで遊んで、もう一つ遊んで、バッタリと電池が切れて(笑)
耳と手足のやたらデッカイ子猫は、それまでの静かな大人だけの暮らしを一変させました。
そんな毎日を綴って来たブログも、もう5周年ですと( ̄▽ ̄;)



CIMG0060.jpg
2012-8-23撮影再掲

CIMG0070.jpg
2012-8-23撮影再掲


CIMG1717.jpg
2012-11-17撮影再掲


CIMG3932.jpg
2013-3-2撮影 



最近ではすっかり不定期更新も板に付き(つき過ぎとも言う 笑) ご無沙汰不義理のオンパレード!
物理的な時間の使い方の下手さからくるアワアワと、すっかり馴染んで今やすべてが一部になっている茶トラっ子達の安定感からくる日常が、かーさんの書く意欲をどんどん削いでしまったと言う( ̄▽ ̄;)


もう一つ、言い訳を申しますと…
実は、四半世紀ぶりに「胆石」が暴れおりまして、ちょいと唸ってもおりました( ̄▽ ̄;)
本人も持っている事をすっかり忘れていた石が、何故か先日突如痛み出しまして、一晩脂汗をかきましたとさ。
お陰様で経過は良好で、すっかり痛みも無くなり、今は平常に戻っております!


不安定な天候のせいか、はたまた忙しさからくるストレスか…
単に食いすぎか(笑)


とにかく、体調管理!と言う言葉を改めて己に言い聞かせております!


かーさんが寝込むと、心配そうに何度も顔を覗き込みにくる八朔と小夏です。
指先を優しく舐めてくれたり、髪の毛を毛繕いしてくれたり、時には「フンガー!」と鼻息をかけてくれたり(笑)
この子達なりの「心配」が伝わってきました。


まだまだです!
クタバル訳には参りません!



ブログの方も、より一層「書きたい時に書きたい事を」へとシフトして行く事になると思われますが、休止は考えておりません。
ですから、どうぞお時間のある時に、またはフト思い出した時にでも覗いてやってくださいませm(__)m


安定の「ボクの指定席」である、かーさんの膝を死守する八朔と
全身でドスドスとぶつかってきては「構いなさいよ!」とアピールする小夏。
我が家の茶トラっ子達は、やっぱり最高です!(≧▽≦)



CIMG5639.jpg
2013-4-15撮影再掲


CIMG6261.jpg
2013-5-5撮影


CIMG7321.jpg
2013-6-20撮影再掲


CIMG11782.jpg
2014-3-21撮影


TDSC04420.jpg
2017-8-19撮影



新旧取り混ぜて、中には蔵出し(って程でもない 笑)の写真も!
で…お茶を濁しておきました~~(笑)

盂蘭盆会




 オレは何故か急いでいた。

 どこへ?何故?

 何も解らないままなのに、とにかく気が急く。



   行かなきゃ! 行かなきゃ!

   しかも一時も早くだ!


 どこを走ったのかも覚えてはいない。

 どこを目指したのかすらも解らないのに、オレは辿り着いた気がした。



   ここだ……

   ここに帰りたかったんだ……



 頭にフト浮かんだのは オレを見て優しく笑う顔。

 オレの自慢の毛並みを 愛しそうに撫でる手。

 そう…いつだって笑ってるんだ。

 オレがちょっとばかし悪戯をしても、何かを失敗してしまったとしても

 呆れたり困ったりした顔をした後、やっぱり笑うんだ。

 オレはそんな笑顔が何より好きだった!大好きだった!



   なのに…なのに…

   どうしてか最後に覚えているのは笑顔じゃなくて泣き顔。。。

   笑顔でいたいのに、何時も通り微笑んでいたいのに、それが出来なくなった顔。

   「ありがとうね…」と言いながら

   笑顔を作りきれなくて、くしゃくしゃになった顔。。。



     そうだ!オレはちゃんと言いに来たんだ!



  泣くなよ…泣かないでくれよ…

  だって、オレ幸せだったんだぜ?

  大好きだよって言われる度に嬉しかったんだぜ?

  可愛いねって撫でられる度に誇らしかったんだぜ?

  だから泣かないでくれ…大好きな人。。。

  


 オレは何時もそうしていた様に、そっと体をすり寄せてみた。

 すると…何だかハッとした顔でキョロキョロしてる。

 何かを探す様にその手が、その目が動いてる。



    オレだよ!ここに居るよ!還って来たよ!

    
 そしたらさ…やっぱり笑顔を作り損ねた様な顔でクシャクシャになるんだ。。。



 まったく!しょうがないな!

 これだからオレは放っておけないんだ。

 ちゃんと、ずっと、いつまでも…これからだって…

 見てるからな!見守ってるからな!

 心配するな…もっとずっとずっと後になれば、また会えるよ。

 オレはちゃんと覚えて待っててやるからさ。

 慌てずゆっくりと、のんびりでいいぞ。

 時々はこうして様子も見に来てやるからな!



 その時は、オレが大好きなあのバカみたいな最高の笑い顔でオレを呼んでくれ。

 なにしろオレの大好物だからさ。

 ずっとずっと大好きなんだからさ。。。








8月16日1




雨続きの盂蘭盆会です。
今年も、みんな大好きな人の元へ無事に帰ってきたのかな…


2年前に愛猫達が待つ場所へと旅立った実家の母も、以前はよく申しておりました。
二階にある母の寝室へと続く階段を、よく旅立ってしまった愛猫が上がってくる音がした…と。
母曰く、どの子も足音が違うのだそうです。
だから、どの子が来たのかもわかるのだ…と。


亡くなるまで母の寝室の襖の扉は、締め切られる事はありませんでした。
何時も、どんな時も、猫達が通り抜けられるだけの隙間が開けられたまま。


そんな母も、今はきっと愛してやまなかった愛猫達と共に居る事と思います。


プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: