夏備え



例年よりも少しばかりせっかちな「夏」が、一足も二足も早めにやって来たかの様な今年。
「暑いですね」
が合言葉になってしまった5月でした。


とうの昔に半袖の出番だったせいで、「衣替え」の6月と言っても何だかピンと来ないですね(^^;


そんなかーさん達とは違って、猫様達は目下せっせと冬服を脱ぎ棄てておられる真っ最中!
梳いても梳いても、掃いても吸っても「いやいや!まだまだ!」とばかりに夏服へのお着換えです。


「見なかった事にする選手権」があれば、上位入賞は間違いなし!のかーさんですが、これでは流石に腰をあげざるを得ません。
茶トラーズと暮らし始めて、変わった事のベスト3には絶対に「掃除がマメになった」が入ると思われます!
。。。それでも人並み以下だと自負していますが。。。( ̄▽ ̄;)



さて、そんな夏バージョンへ向かってばく進中の茶トラっ子達に、とーさんからのプレゼントがございました!


やっと我が家にもやって来た「自動給水機」です(笑)
(今頃。。。っす)
夏ですもんねぇ~( ̄▽ ̄;)





6月2日1





元々、小夏は流水好き。
毎日の様に、洗面所へ来ては「出せ!」とご所望されておいででした。
その姿を見て、八朔も何となく流れるお水が平気になってきました。


これなら大丈夫かな。。。。です。



何しろ八朔君、どこへ出しても恥ずかしくないヘタレです(笑)
ちょっとでも「何時もと違う事」「見慣れないモノ」に対しては、腰が引けまくり。
小夏よりも一回りも大きな体で、そそくさと逃げ出すのがお約束でございます。


まぁ最悪、小夏専用でもいいし…とにかく八朔が怖がらなければ…
のつもりでした。


これからの季節、やっぱり水分はしっかり摂って欲しいですしね。




6月2日2





6月2日3





流石は小夏様(≧▽≦)
設置するや否や、全く躊躇なくご使用です!


この子は本当に「生きる力」が強い。
判断する事、順応する事、そして行動する事、全てに於いて天晴れと言うほかありません。
元々持って生まれた資質なのか…
それとも性別による差なのか…
はたまた、お外で暮らした経験の差なのか…
兎に角、小夏を見ていると惚れ惚れ致します(*´ω`*)



そんな小夏に遅れる事数十分。。。。


ヘタレ小僧も、へっぴり腰でアタックを始めました(笑)


まずは、懐かしの「ビクターの犬さん」よろしく、暫し小首を傾げてガン見!




6月2日4




続いて、決死の「ヘタレはっちゃくパンチ!」(笑)





6月2日5





その後やっと無事に飲み始めましたとさ~(*´▽`*)
やったね!八朔くん!
やればできる子 YDK(笑)




八朔と小夏はこうして何でも互いのやる事を見ています。
ある時は八朔の行動を見て、小夏がおずおずと。
ある時は今回の様に、小夏の様子を見て八朔が恐々と。
かーさん達がいくら気を揉んでも伝えられない大切な情報は、こうして互いの様子で伝達します。


今更ですが、よくぞこの兄妹を共に!と思わされます。



寂しい時も、不安な時も
嬉しい時も、安心したい時も
この子達はいつだって寄り添って、言葉ではないモノで伝え合っている様に思います。



八朔だけだって、きっとあり得ない程可愛いですし幸せでした。
もし、小夏だけだったとしても、それは同じです。
でも、この二匹の相乗効果たるや、単純に1+1ではなく、それこそ青天井の無限大です。


やる事為す事、全く違う二匹。
性格も好みも異なっているのに、何故か似通っていたりもします。
何よりも、互いの存在をとても頼りにしている様な姿が、本当に心を和ませてくれます。




本格的な暑さを前に、まだ側にくっ付いて寝たい茶トラっ子達が、かーさんの両脇に今までよりは少し距離を取って寝転びます。
右側の腕の中に小夏
左側の手首の上に八朔
フワフワでしっとりした小夏の手触りと、サラサラでずっしりとした八朔の重み。
そのどちかからも、直接響いて来る「ゴロゴロ」と言う満足げな振動を聞きながら、かーさんもお休みタイムです。



  あぁ…今日も何だか幸せだなぁ…(*´ω`*)





6月2日6


懲りない天然モノのチャレンジ





眠る時は絶対に横を向かないとダメなかーさん。
これはもう子供の頃からの癖です。
その時によって、ぐぃ~~んと伸びた横向きだったり、クルリンと丸くなったりと違ってはいても、向き自体は絶対に横!


冬場はこれが幸いして、横向きになった脇から胸辺りにピットリとくっ付いて眠る茶トラっ子達。
誇れる程プニプニの二の腕は、彼らの格好の枕にも最適です!
勿論かーさんも、猫タンポ二匹分で、狭っ苦しいけど(腕も痺れるけど)ヌクヌクの幸せモードです。


が、しかし。。。
こう暖かく、と言うか暑くなってくると、そりゃぁ双方がキツイ!


こう言う場合、賢く適応力の高い小夏様は、諦めと言うか納得も早く、足元のあまり接触しない場所でいて尚且つ寂しくなると巨大なかーさん足にくっ付けると言う場所をとっとと確保なさいます。
時々お手々を伸ばして来て、可愛く脛辺りに「きゅっ♪」と爪を立て
「アタシちゃんとココに居ますよ」
とアピールしてくるのもタマラン(*´ω`*)
何時の間にか甘えっ子の構ってちゃんになってくれた小夏様は、こうして常に「側」に寄り添ってくれます。


問題は、やっぱり「キングオブ甘えた大王」八朔(笑)


人(猫)一倍暑がりっ子なのに、ベッタリしたい。
ベッタリしたいけど暑い。。。


寝入りばなは、やっぱり抱っこスタイルを所望。
しかし程なく暑くてスルリと抜け出す。
抜け出したはいいけど、それでも側に居たい。


そこで八朔は考えた!
どこで寝れば暑くなくて、しかもベッタリとしていられるか!



そうだ!かーさんの上にいけばいいんだ!!!



。。。横向きのかーさんの腰の辺りに不安定に乗る( ̄▽ ̄;)



いくらかーさんが縦横関係なく丸くて、腰の辺りだってクビレなど皆無で、他から比べれば広いとは言え、言わばそこは山で言う処の「馬の背」って場所。
猫様特有のバランス感覚で、一応小器用に乗っかって満足気ではあります。
ありますが…やっぱ少しでも動きがあるとグラグラしますって、そりゃ(;´∀`)


何度か体勢を入れ替え、少しでも接地面積を広くしてドベ~~~っ寝そべってはいても、どうも寝難い!
…って言うか、かーさんも微動だにできず辛いんですけどぉ~~


暫く意地になって寝てみるものの、やっぱりダメだ!と、なる。


ええ…ええ…文句タレますとも(--;
わざわざ向こうの部屋まで行って、一頻り文句タレでフニャフニャやってますとも!




5月28日1





結局は、小夏が居る場所へ戻ってきて、ウザがられつつ一緒に寝ていたりします(笑)
毎晩毎晩飽きもせず繰り返すのは、やっぱり八朔だからでしょうか( ̄▽ ̄;)
それとも、昨日はダメだったけど今日なら出来る!とでも思うとか…
かーさんの横っ腹が昨日より成長しているはずだ!と期待してでもいるのか…
懲りない男の挑戦は、まだ暫く続きそうな予感がいたします(笑)


この時期、よく耳にする「寝床ジプシー」
肌寒かったり、蒸し暑かったりと、その日によって気温の差が激しいが故のゆゆしき事態です(笑)
もう少し季節が進めば、エアコン常時稼働になって来ますので、「涼しいけど風が直接当たらない場所」が人気になるはずです。


まぁ、八朔の場合、真夏でも取り敢えずベッタリしには参りますが(;´・ω・)



膝の上だったり、腹の上だったり、足の間だったり。。。
兎にも角にも、かーさんの居るところには茶トラーズ在り!
先日など、撮り貯めてあった映画の2本分を観ている間、八朔はかーさんの膝から微動だにしませんでしたわ('ω')ノ
。。。オケチュいてぇ。。。



この天然モノのオトコのチャレンジは、いつだってお間抜けで笑いを運んできます。
はてさて…今後はどんな事をやらかしてくれるのか…(笑)
全く、君達との暮らしは、飽きている暇がありませぬ!





5月28日2




プッツン! 後記




イライラ  イライラ  イライラ



はい!かーさんイライラしました!
と~~っても苛立ちました!



理由はねぇ…本当に些細な事なんですわ。
でも、些細が団体さんだったんですわ"(-""-)"


  忙しい!時間が無い!
  なのに「アレもコレも」
  思っていた様には進まない!
  おまけに疲れてヘロヘロ。。。


で、爆発ですわ。。。。_| ̄|○


ねぇ…どんだけアホなのの世界です( ̄▽ ̄;)



騒ぐ茶トラっ子達に 「うるさいっ!」
動き出さないとーさんに  「いい加減にしろっ!」


なはははは…やっちまいました(乾いた笑い)





5月24日1





三つ子の魂何とやら
かーさん、ちっとも年相応の落ち着きも分別もありません。
小さい頃の「癇癪もち」が、そのまんまオバサンになった感じです。


それでも、いつもは積み重ねた時間の分だけ、少しズルくなって誤魔化しも出来るのですが、自分がパツンパツンになると、その「フリ」すら難しい。



で、不貞腐れて横になると、耳の奥で自分の鼓動が「アホ!アホ!アホ!」と鳴り響く(;´・ω・)
あ~ぁ~なんてこったい!


我が家に「察してちゃん」は通じないと、嫌っちゅうほど解ってるはずなのにねぇ。
とーさんも、茶トラーズも、真正面から向き合わないといけない!
そう決めていたはずなのに…
反対に言えば、「言えば」通じ合えるってのも重々承知。


優しい言葉で、伝えれば猫様だってわかってくれる。
さりげない言葉で伝えれば、気持ちよくとーさんだって動く。
そこを端折ってイラついてるのは、かーさんが悪い(。-人-。) ゴメンネ



おバカなかーさんなのに、それでも茶トラーズは変わらず接してくれて、その姿がまた申し訳なさに拍車をかけます。
「ゴメンよぉ~」とナデナデすると
八朔が鼻の頭をペロペロしてくれ
小夏がほっぺにスリスリしてくれました。


 コヤツ等の方が、かーさんよりよっぽど出来てるわ!




5月24日2





ほんの少し…八朔と小夏分の大きさ…
ちっぽけだけど、とても大きな重たい、そんな存在分の…
生きているって楽しいんだよ!
生きているって素敵なんだよ!


それを、ずっと感じさせてくれる茶トラっ子達分の、余裕を持ちたい。


それは、もしかしたら…本来のかーさんが持っているゆとり分よりずっと大きなものかもしれません。
この子達の存在がなければ、かーさんはもっとパツンパツンだったはず。
アホみたいに苛立ってたって、変わらずこの子達はそっと寄り添ってくれて、そのフワフワの毛並みと温もりで 「それでも側にいますよ」と伝えてくれます。


好きを伝えるのに言葉は要らない。
大切を伝えるのに特別な行いは要らない。


ただ、この毛玉達の様に、そっと寄り添って「それでも!」と教えてくれる方が心にガツンと響きます。



ゴメンね…かーさん余裕を無くしてゴメンね。。。



ほんのお詫びの印に、いつもより丁寧なブラッシングと、ご飯の上にカニカマのトッピング。
満足そうに伸びをして、茶トラーズはやっぱりかーさんの横でくっ付いて寝ています。


さて!後はとーさんだ(笑)
スマンかったね!キレちゃって( ̄▽ ̄;)

真っ直ぐに寄り道せずに帰っておいで!
とーさんの大好物 「かーさん特製餃子」を作って待ってるよ~~♪





5月24日3



何を食すか それが問題だ



 お魚咥えたドラ猫 追っかけて~♪


あの国民的アニメで歌われている歌詞ですが…
自慢しますが、かーさん今まで一度もそんな姿を見た事がない!
しょ~わもしょ~わ、全身昭和細胞で出来ているかーさんですら…です(笑)


が…しかし……


まさか我が家で、それに近い事を見てしまおうとは思わなんだ(;^ω^)


事は単純でアホなかーさんが、あるTV番組で「ビタミンD」がボケ防止に効果あり!なんて事を観てしまった事に遡ります。
何しろ近頃かーさんと来たら「固有名詞」が出て来ない!(--;
頭の中にはハッキリと姿が浮かんでいるにも関わらず、そのものを示す言葉がすんなりと出て来ないのです。


 そう言やぁ最近…本を読んでないなぁ…
 頭が「空腹」になってそう


 クイズ番組などを観ていても、反応が一瞬遅れるよなぁ…
 「広く浅く」が持ち味だったはずなのに


 いやいや、これが噂に聞く「老化現象」ってやつ?!


そこでです!
そんなアナタにお勧めなのは「ビタミンD」!と言われて、その気になった!
全く。。。一昔前の「みのもんた信者」と同じ思考回路(笑)


曰く、鮭(特に身と皮の間!)がいい!
なんですと!奥様!(笑)
で…同じく善いとされる、枝豆と鮭の炊き込みご飯に、赤パプリカの煮浸し、そこに何と鮭の焼き魚も付けると言う大盤振る舞い!
。。。いやね…これはこれで非情に美味でございましたわ…かなり偏ってますけど(笑)


問題は、その焼き鮭を、キッチンの高い場所に置き、とーさんの帰りを待ったと言う事でございます。


   やられましたとも!   八朔に!



力技でお皿ごと落として、ラップも上手にはがし、「いっただきまぁ~す💛」
しかも、一番栄養素が高いと言われる、皮から!


君。。。番組内容を把握しとったのか?( ̄▽ ̄;)




5月19日1





かーさんの手から「どうぞ」されるモノには興味を示しても、それ以外の人間の食べ物には手を出さなかった子達でした。
それがいきなり
「お魚咥えた」です( ̄▽ ̄;)


そりゃね、置いておく方が悪いっす。。。はい。
今迄何ともなかったし~♪
なんてのは、かーさんの言い訳にしかすぎませんとも。


粗熱を冷ます意味合いでとは言え、八朔の身体能力からすれば、十分に可能な場所。
そんな所に、いい匂いのするモノを置くなよ!でございますm(__)m


結局、焼き鮭さんは、その身を三割ほど八朔に捧げました。。。。
やめてくれよぉ~~塩分が高いんだからさぁ~


ちなみに、小夏様は全く興味なし!
この子は、かなり食に保守的でございます。
慣れ親しんだモノ以外は、手から差し出しても大半は無視。
時々、八朔の様子を見て少々口にする。。。と言う感じです。
やっぱ「姫」は違いますな!
御毒見役の八朔の様子をしっかり見ておられる(笑)




5月19日2





もう一つ、ちなみに…ですが…
小夏の一番の好物は、「八朔の毛」かもしれませぬ( ̄▽ ̄;)


とーーーーーっても適当な毛繕いしかしない八朔のお手入れは、小夏が一手に引き受けております。
暇さえあれば、八朔の横でペロペロと。。。


またこれが「善きに計らえ」なんですわ…八朔も(;´∀`)



なもんですから先程、小夏は猫草を食された後、見事な見事な「毛玉」を産み落とされました!
もう「これぞ毛玉!!!」
とーさんと二人、思わずしげしげと見入ってしまうくらい毛玉!



 これが噂に聞く「ケコケコ毛玉なのね」です(笑)



そりゃぁ二匹分の毛ですもんねぇ。。。( ̄▽ ̄;)
しっかし、初めて見ましたよ!こんな立派なの!


ここはかーさんも、茶トラーズの為に、猫草を欠かさない様にする事と、食べ物の管理をしっかりとせねばなりませぬな!
あ。。。勿論とーさんの健康管理も…です(笑)
ビタミンDよっ!ってか(笑)




5月19日3



毛玉の乱 初夏の宴




さぁて 皆の衆お立合い!
今宵興じられまするは、名も無き獣の天晴れなる狂宴にござい。
なぁに お手間は取らせませぬ。
ほんのカラスが昼寝をする暇!
とくと仔細をごろうじあれ!



  う”~~~~ぐぅ~~~う”~~~!


地を這わんばかり 地獄の鬼も青ざめ逃げ出さんとするかの唸り声。
声の主はと見渡せば
何と、日頃は「天の鈴」か、かの国の「ローレライ」かと倣わされる心溶かす声の持ち主である小夏姫。


鼻上にクッキリと皺を寄せ、半目に開いた瞳は煌々と睨みをきかせ
食いしばったかに見える口元からは、世にも恐ろし気な地鳴りの如き声!
半身に横たわった姿勢からは、今にも爆裂しそうな両手での殴打の準備!



 「やれるものならやるがよい!」
 「この 小賢しい小童が!」
 「ワラワの制裁が欲しくばくれてやる!」




5月15日1
イメージ画像でござい(笑)




片や対峙する影も負けじと応戦。


  ぅわぁ”~~~おぉ”~~~~!


その言葉尻に はっきりと「濁点」を付けて仁王立ちするは八朔丸。


威嚇せんとか その背を連なる山脈の如く毛羽立たせ、しかと持ち上げた尾は常の3倍にはなろうかと言う太さ!
「もはめど あり」も弟子入りを願い出るかの様な 軽妙な前後左右への足取りは、まさしく「蜂の如く刺し 蝶の様に舞う!」
下方から繰り出される連打に臆する事なく、引いては進み 進んでは引く!
そして機を見てその懐に飛び込むや、首筋に狙い澄ました一噛みを加え、すぐさま引くその姿は、まるで闘神のごと!
日頃の「適当を善し!」とする昼行燈の姿からは想像もつかぬ 「闘う漢」!



 「今日と言う今日は 許さないです!」
 「いっつもボクが譲ると思ったら大間違いです!」
 「ホントのボクは強いんですからね!」


口調と姿が似合わぬもまた彼らしき哉!






5月15日2
勿論イメージ画像なり(笑)




今宵の「しとね」を賭けた大一番は、激しく…だが静かに…繰り広げられる…


毛玉団子になりつつゴロゴロと転がり、一転飛び退ってはまた絡まる!
宙を舞う毛と、振動…そして唸り声。


  はて…普段よりはちと激しき哉。。。


足元で繰り広げられる静かなる闘いを、横になったまま頬杖をつきつつ眺めながら、いざとならば仲裁に入らんと構える。



。。。と、気付くと何故か双方、チラチラとこちらへ視線を投げかけるではないか。。。



 「見てる?見てる?ボク強い?」
 「そなた!眺めておらず何とかせぇ!」


いやいや、ここは成り行きを見届けるが吉。
御身労わられよ!



刻にして如何ほどばかりか。。。


劣勢を悟ったか 小夏姫がヒラリと身をかわし場を去られ…
その場に残りし八朔丸、「ふんっ!」と一際大きな鼻息を吐き出し、悠々と「しとね」に身を横たえた。


双方、暫し気を落ち着ける為と毛繕いに勤しむ音だけが響き渡る中、ツツと小夏姫が顔側に参られ、コツンコツンと額を打ち付けつつ「報告」をされる。


「八朔が酷いのじゃ!」
「おなごを大切にせん漢など、下の下!」
「体ばかり大きゅうても、あれは童!まだまだなってはおらぬ!」


常と変わらぬ鈴声で、懸命に戦況を報告された後、いかにも「慰めよ」と言わんばかりにその体を擦り付けてこられる小夏姫。
その声を聞きつけてか、足元の「しとね」から鋭い一声が!


  んぁぁ~”?
 (要約  何か文句あるですかぁ?)


小夏姫、そそくさと懐深く潜り込まれた(笑)




日頃「昼行燈」であっても、いざとならばそこは「おのこ」
日頃「傍若無人」であっても、そこは「か弱きおなご」
時ならぬ「初夏の陣」は、こうして幕を閉じ申した。



して…そのほんの一時のちの事…
気付けば何時も通り、分かち難く絡まった茶色団子の姿。



 おやおや…さもありなんとは思えども、ならば端からそうすればよいのに…のぉ(笑)


げに解らぬは毛玉心
げに愛しきは団子姿



   ふぁぁぁ~~~寝入りばなを邪魔され眠たき事よのぉ…





5月15日3



プロフィール

八朔かーさん

Author:八朔かーさん
「女は度胸」のかーさん
「男は優しさ」のとーさん
八朔(♂)と、小夏(♀)の茶トラ兄妹
不思議な縁で結ばれた、離れ離れだった兄妹が再会を果たしました。
二人と二匹…愛しい命達との日々は「猫まみれ」加速中!

八朔

2012.8.8
お散歩中のかーさん達に鳴きながら付いて来た茶トラの男の子八朔。
その日から始まった猫まみれの日々。
保護当時、4か月程だった為、その後半ば強引に、とーさんと同じ誕生日、3月29日生まれと決めました。
優しいとーさんと、ドスコイかーさんに見守られて伸び伸びすくすく成長中。
保護当日の様子はこちらから

小夏
CIMG5150.jpg
2013.3.28
不思議な不思議な「ご縁」に導かれ、我が家の娘になった小夏。
八朔とは離れ離れになっていた実の兄妹です。
沢山の方に愛され見守られてきた、「お社の猫」
度胸の据わった美人さんは、かーさん家で兄の八朔を教育中。
小夏へと続く道はこちらから


当ブログはリンクフリーにさせて頂きますが、相互リンクは現在ご遠慮させて頂いております。

当ブログの記事、画像の無断転載はお断り致します。

最新記事
カウンター
カレンダー(月別アーカイブ)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: